【リスティング広告】キーワードの抽出・選定方法やツールのご紹介

【リスティング広告】キーワードの抽出方法

リスティング広告で成果を出すうえで、非常に重要な要素といえる出稿キーワード。
コンバージョンに繋がりやすいキーワードを見つけることができれば、効率よくリスティング広告を運用でき、収益を増やすことができます。

ですが同時に、初めてリスティング広告に携わる方にとって、まず最初にぶつかるのが「出稿するキーワードってどうやって抽出・選定すればいいの?」というお悩みではないでしょうか?

本記事では、そんな方のために弊社でキーワードを抽出・選定する際に使用するツールや方法についてご紹介します。

キーワードの抽出に使用するツール

キーワードの抽出に使用できるツールは様々ありますが、弊社でも主に使用している無料で使えるツール・方法をご紹介します。
ご紹介するのは以下の6つとなります。

1)自社(プロモーション対象)の商品やサービス
2)自社(プロモーション対象)や競合サイトの主要タグ
3)Googleキーワードプランナー
4)検索結果サジェスト
5)goodkeyword
6)Weblio類語辞典

キーワードの抽出方法①
自社(プロモーション対象)の商品やサービス

まずは、自社(プロモーション対象)の商品やサービスに関連するキーワードを抽出しましょう。
例えば、レディース向けアパレルの通販サイトであれば、
「レディースファッション」「アパレル 通販」などのサービスカテゴリーや「チュニック 通販」「コート 通販」などの商品カテゴリー、「ブランドA」「ブランドB」など取り扱っているブランド名などのキーワードが思いつきます。

レディースアパレル通販サイトの例

キーワードの抽出方法②
自社サイトや競合サイトの主要タグ

自社サイト(プロモーション対象サイト)や競合サイトのHTMLソース上の主要なタグ(title、meta name=“keywords”、meta name=“description“タグなど)には、「このキーワードで集客したい」という思いが込められたキーワードが必ず記載されています。

これらを参考にリスティング広告で出稿する軸キーワードを選定します。

キーワードの抽出方法③
Googleキーワードプランナー

1)Google広告にログイン後、右上「ツール」マークをクリック。
2)出てきたメニューの中から「キーワードプランナー」を選択。

キーワードプランナー

3)切り替わった画面の「新しいキーワードを見つける」をクリック。
4)主軸となるキーワードを入力。

キーワードプランナー

5)キーワードの候補が出てくるので、「キーワード候補をダウンロード」をクリックし、ファイルをダウンロード。

キーワードプランナー

キーワードの抽出方法④
検索結果サジェスト

任意のキーワードで検索した際に、検索結果ページの下部に関連するキーワードの候補が表示されます。
これらもキーワード抽出の参考にしましょう。

検索結果サジェスト

キーワードの抽出方法⑤
goodkeyword

任意のキーワードのGoogle/Bing/Yahoo!の関連キーワードを調べられるツールです。
検索結果のサジェストに加え、こちらもキーワード抽出の参考にしましょう。

URL:goodkeyword

キーワードの抽出方法⑥
Weblio類語辞典

キーワードプランナーなどで、ある程度キーワードが固まったら、そのキーワードの他の言い回し(類義語)も調べましょう。
例えば、「起業」というキーワードなら「開業」や「創業」などと検索されるかもしれません。

こういった類義語を調べる際に便利なのが、Weblio類語事典です。

URL:Weblio類語事典

抽出したキーワードを精査しよう

これまで説明した方法でキーワードを抽出していくと、かなりの量のキーワード候補が抽出できているはずです。
これらのキーワードのリストから自社(プロモーション対象)にとって必要なキーワードと不要なキーワードを精査していきます。

キーワードの精査

抽出したキーワードを軸キーワードごとにグルーピングしよう

キーワードの精査が終わると、次は軸になるキーワードをキーワードのテーマ別にグルーピングしましょう。
先ほどのレディースアパレル通販サイトを例にとると、

・グループA 『一般呼称』
レディースファッション
アパレル
婦人服
女性 ファッション
・・・etc

・グループB 『カテゴリー』
トップス
アウター
バッグ
スカート
・・・etc

・グループC 『ブランド名』
ブランドaaa
ブランドbbb
ブランドccc
ブランドddd
・・・etc

のような形になります。

軸キーワードに掛け合わせるパターンを洗い出そう

続いて、軸キーワードに対し掛け合わせるキーワードのパターンを、精査したキーワードのリストを参考に洗い出します。
この軸キーワード×掛け合わせパターンを組み合わせたものが登録するキーワードとなります。

キーワードの掛け合わせパターン

組み合わせで出来たキーワードを再度グルーピングしよう

組み合わせキーワードの一覧が作成出来たら、今度はそれらのキーワード群を近い意味を持つキーワード同士でグルーピングしていきましょう。
この近い意味をもつキーワードでグルーピングしたまとまりが、「広告グループ」になり、
その広告グループを配信目的ごとに振り分けたものが「キャンペーン」となります。

広告グループ

キーワードの抽出・選定ポイントのまとめ

以上が、キーワードを抽出・選定するツールのご紹介と方法になります。

ポイントをまとめると、
①様々なツールや手法を用い、まずは軸となるキーワードを見つける。
②軸キーワードと掛け合わせるキーワードの組み合わせを考える。
③抽出したキーワード群をテーマごとにグルーピングする。
(各グループ間でキーワードの重複が起こらないシンプルなグルーピング)

慣れるまでは大変な作業となりますが、リスティング広告で成果を出すためには最も重要と言っても過言ではない作業となりますので、
是非、本記事を参考に試行錯誤してみてください。

リスティング広告改善のためにチェックすべき11項目を詳しく解説した「アカウントセルフ診断シート」

関連記事

  1. 【リスティング広告】キーワードのマッチタイプそれぞれの特徴と使い方

  2. 広告の効果を向上するためのLP(ランディングページ)作成7個のポイント

    広告の効果を向上するためのLP(ランディングページ)作成7個のポイント…

  3. 【リスティング広告】たったこれだけで効果倍増も?最低限押さえておきたい…

  4. リスティング広告】広告文作成のポイント

    【リスティング広告】広告文作成のポイント

  5. プロモーション表示オプション

    【Google AdWords最新機能】プロモーション表示オプションの…

  6. 【リスティング広告】広告表示オプションの種類と使い方

    【リスティング広告】広告表示オプションの種類と使い方